他にも注意したい成分

他にも注意したい成分

妊婦さんが青汁を飲む場合、青汁に含まれる緑茶のカフェインが気になる方もいるでしょう。
しかし、妊娠中は野菜に含まれるビタミンやミネラル、葉酸などの摂取もできますから、カフェインの量を制限すべきか、栄養摂取を優先するかは迷ってしまいます。

 

緑茶が含まれているものでも青汁1杯あたりのカフェインの量はあまり気にする程ではありません。
それよりも青汁を選ぶ際に注意したい成分もあるのです。

 

青汁は野菜が原料ですから、野菜を栽培する際に使用する農薬には注意する必要があります。
野菜を直接食べるなら洗うなどをして農薬を落とすことはできますが、青汁という製品に加工されていれば取りのぞくことはできません。

 

妊婦さんは残留農薬量を提示している商品、または無農薬や有機栽培のものを選んでみてください。

 

他にも食品添加物や防腐剤なども注意する必要があります。
味を良くするために糖分を多くした商品、果汁や抹茶で味を付けた商品などもあります。

 

青汁を1杯飲む際のカフェインより、赤ちゃんに影響が出やすい成分のほうが重要かもしれません。
糖分が添加されていれば飲みすぎて体重増加にもつながりやすいため、野菜単体の甘味なのかも注意してみましょう。