カフェインはどのくらいまで?

カフェインはどのくらいまで?

妊婦さんはカフェインの過剰摂取がよくないと聞くと、必要以上に心配されてしまう方も居るでしょう。
赤ちゃんへの影響がでるのは、あくまでも過剰摂取をした際です。
青汁を1日1杯や2杯飲んだところで、あまり影響は無いと考えられています。

 

日本では明確に何杯までが良いととか、カフェインは何mgまでといった基準はありません。
そのため、医師でも考え方は異なるようで、1日1杯くらいのコーヒーなら大丈夫という方がいたり、できるだけ避けたほうが良いという考えを持つ方もいます。

 

海外の基準でいえば、1日200mg〜300mgが目安となっています。
ドリップコーヒーで1杯100mg含まれると仮定すれば、1日2杯〜3杯くらいまでが許容範囲となります。
インスタントコーヒーでは1杯あたりはもう少し少なくなるため、これよりも多少増えても良いことになります。

 

そのことからカフェインの量が多いドリップコーヒーでは、1杯〜2杯くらいに留めておけば、それ程影響は無いといえます。

 

カフェインはリラックス効果もあるという報告があるため、1日1杯でストレス解消に繋がるなら良いのかもしれません。
逆に制限しすぎてイライラするくらいなら、1日1杯までなど量を決めて飲む方が母体にも赤ちゃんにも悪影響が少ないといえそうです。